静物画  円テーブルのある部屋

#30 B  円テーブルのある部屋 (F30 91×73) 《2001年》  
d0110224_13222577.jpg
  
[PR]
# by art-4290 | 2007-05-17 13:23 | 静物画 | Comments(6)

子安シリーズ Ⅱ  5/ 11(金)

#28 B 運河の街 Ⅰ <横浜>  ( F10 53×45,5 ) 《1999頃》
d0110224_203983.jpg
 
ずいぶん前のもの。 初めて自分で気に入った作品です。
[PR]
# by art-4290 | 2007-05-09 21:09 |     街・寺社の絵 | Comments(3)

けっこう好き、子安の街 5/ 7(月)

d0110224_13567100.jpg  


今回は、横浜市内、子安の街の作品を展示します。
運河沿いに作業船が並ぶ光景は、なんかいい。ずいぶん通いました。
(写真 子安の町並み) 

#26 A 運河のある街 <横浜>  (F10   53×45,5)  《2006年》
d0110224_13223245.jpg


#27  運河と舟 <横浜>  ▼(F20  73×61)  《2006年》
d0110224_2034110.jpg

[PR]
# by art-4290 | 2007-05-07 14:20 |     街・寺社の絵 | Comments(8)

横浜2つ 横浜港、高台の公園 4/ 13

#16 A 港の作業船 <横浜港>  (F10 53 ×45,5)《2007年》
d0110224_15392285.jpg

 前回投稿した横浜港の絵が仕上がったので、展示します。税関(緑の屋根の建物)のビルや、ランドマークタワーの配置に苦労しました.
ところで、風景画は、(静物画、人物画もそうですが)実際の景色と同じように描かれていると思っている人がいるようですが、そうでない場合の方が多いです。メインの物は、実物に近いですが、周辺の物はけっこう動かします。色や形も作者の意図によりいろいろ変化します。意識的か、無意識かは人によりますが、「私は、見たとおりにしか描けません。」 なんていう人に限って、すごいデフォルメしていたりして面白いです。ひょっとしたら、眼が、皆違うんですかね。



#17 A 丘の上の公園 <横浜>  (F10 53 ×45,5)《2007年》
d0110224_10365464.jpg

 横浜の高台にある静かな公園です。今年の一月、真冬に行きましたが、この日は、ぽかぽか陽気。犬を連れた人や、老夫婦が、のどかにすごしていました。
[PR]
# by art-4290 | 2007-04-13 14:12 |     街・寺社の絵 | Comments(5)

人物画 寄りかかる人、アトリエの裸婦  4 / 8

#14 B 寄りかかる人  (F20  73×61)
d0110224_15465424.jpg



#15B アトリエの裸婦  (F20  73×61 ) 
d0110224_15475617.jpg

元気なモデルさんの迫力に負けないように、とりくみました。
[PR]
# by art-4290 | 2007-04-08 16:37 | 人物画 | Comments(8)

湘南風景画からちょっと遠出 妙義山を描く   4/ 1(日)

#10 A 妙義山紅葉  (F10 53×45,5)
d0110224_11424735.jpg

絵の仲間との写生旅行は、とても楽しい。メンバーのお勧めで行った妙義山。
本当に面白い形の山でした。愛嬌のある動物のよう。
飛びつくように描き始めました。(私にしては珍しい方なのです。いつもは、ウロウロして迷うタイプです。)
「2時頃になると『からっかぜ』がふくよ。」という地元の人の言葉どおりすごい風がふきはじめ、イーゼルを柱にしばり付けてがんばりましたが、限界になってやめました。
絵を描くには寒さより風がまいります。


#11 B 妙義山岩肌   (F10   53×45,5)
d0110224_14161788.jpg

 翌日は、風のない所を探すという余裕がでてきて、暖かい所でゆっくり描けました。
 ぐっと山に接近すると、ごつごつした岩肌にすいよせられそうです。
[PR]
# by art-4290 | 2007-04-01 13:38 |     山、田園風景 | Comments(3)

湘南の畑 3 / 18 (日)

  
#6 A 棚田 冬 <三浦>  (F10) 《2007年》
d0110224_2113971.jpg

 こんな所に、こんな棚田が?初めて見た時は、びっくりしました。
真冬(先月2月)で土が硬そうでしたが、それでも美しい。水を張る頃、稲穂が揺れる頃、又行こうと思っています。



#7 A 畑中の道 (三浦)  (F10)《2006年》
d0110224_2114594.jpg

 一面に広がるキャベツ畑。三浦の畑は広い。海のそばに住んでいる私にはとても新鮮でしたが、
 畑を絵に描くなんて、地元の人は、変に思うようです。 
 「どっからきたの?」
 「鎌倉です。」 
 「鎌倉の方が、いい景色だろう?ここは、畑しかないよ。」 
 「だから いいんですよ。」
 「 はー?」 
  などと 言いながら 仕事のおじゃまだろうに皆さんとても親切でした。
[PR]
# by art-4290 | 2007-03-20 09:31 |     山、田園風景 | Comments(0)